グルメな人が最近集うバーとは?

グルメとは言えば高級食、いや、新たな場所として缶詰バー誕生

グルメな人が最近集うバーとは?
グルメという言葉で思いつくのがどうしても高級料理である。ヨーロッパの料理は実に高級感を感じ、それを食している人は味が分かっている人と感じる。しかし、食文化はそれだけでない。日本食の中でも高級な物は存在する。また、ただ単に加工された物がどのような味をしていてそれが他に比べて美味しいと感じることだけがグルメではないと思う。例えば海鮮などは新鮮であることや脂乗り等のそのものが分かることがグルメである。そんな多様な食文化がある中で、最近気になったバーがあった。それは缶詰バーである。缶詰と言えば、それはグルメという言葉とは無念に感じる。しかし、そこで扱われている缶詰はちょっと違う。単純に値段を見てもそこらへんのスーパーで買えるような缶詰とはランクが違うのが分かる。缶詰バーのスタイルは立ち飲み形式である。と言いながらも席は当然ある。そこで買える缶詰の種類は豊富で庶民的な物と感じる缶詰とはちょっと違う。ではどのように違うのかは一般人の感覚としてはなかなかに難しい。よって、このような物の味が分かることも一つのグルメではないかと思う。缶詰はそもそも保存食であり、いかにその物を長持ちさせて食せる期間を延ばせるかが一つの勝負である。それに値段が違う要素が絡むとは今まで知っていた中では思いつかなかった。実に気になるバーである。行きつけにするには若干のハードルがあるかもしれないがこの物を味わって違いが分かるようになるのはそれはまた一つのグルメへの仲間入りであると思う。

PR情報

Copyright (C)2017グルメな人が最近集うバーとは?.All rights reserved.